公益財団法人教育振興協会は1958年に来日した欧米人によってスタートし青少年育成事業を核として活動を展開し1971年に京都府教育委員会により財団法人として認可を受けました。その後、男子学生会館京都吉田学生センター及び1968年に新築した女子学生会館京都下鴨アカデミーの運営を経て、2011年には公益財団法人に移行し、2014年には内閣府の認定を受けました。

 

協会は、カトリックの精神に基づき、健全な生活環境と人間形成のさまざまな手段を提供することにより、 豊かな人間性を持ち、国際社会で活躍する人物の育成を目的としています。

 

この目的のために

(1)青少年に豊かな人格を身につけることが出来る家庭的雰囲気のある日常生活を提供する事業

(2)教養を深めるためのクラス、国際交流・協力の体験、ファミリーオリエンテーションプログラムおよびリーダーシッププログラム等、多様な活動を活発に提供する事業

を学生寮と国際研修センターの運営を通して行っています。

 

現在、京都・芦屋・東京で活動を展開しています。

少子高齢化の現代において、これからの将来を担う若者たちが「人間の真の目的とは何か」を理解し、幸せな家庭・社会を築いて行くことができるよう、多くの専門家・ボランティアの協力を得て、皆様方のご支援により、広く社会の人々に貢献する公益活動を推進しています。

今後とも暖かいご支援、ご協力を引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

公益財団法人教育振興協会
代表理事 八 木 橋 俊 江